トランプの世界には独自の専門用語があります。それらは長年のコレクターには馴染みの言葉ですが、初心者はあまり耳にしたことのない単語やフレーズでしょう。しかし、基本用語の中には理解しやすいものもあり、それらはクラウドファンディングのプロジェクトの説明プレゼンテーション、製品紹介ページ、ディスカッションフォーラムなどでよく使われています。

「タックボックス」とは、カードを入れておくセロハンで包まれた箱のことで、よく使われる言い方です。「エンボス加工」とは、トランプカード表面に施された凹凸仕上げのことで、高級なタックボックスの表面の凹凸加工にも使われます。豪華版のタックボックスに施されたメタリック印刷は「フォイル」と呼ばれます。過去数年にわたって、一部の会社が「スポットUV印刷 」を試しています。これはカードやボックスの一部に透明のコーティングを加える二次印刷の工程で、表面を盛り上げて、触感とツヤ出し効果を高めるものです。「ブリック(レンガ)」とは、通常まとめ買いをする時の1ダースまとまったトランプセットのことで、レンガの形をした箱に入って送られてきます。

 

コートカード」とはジャック、クイーン、キングのことで、フェイスカードとか、ピク  チャーカード、あるいは単に「コート」と呼ばれることもあります。これらは2〜10の数字だけのカードである「スポットカード」と対照的にそう呼ばれます。「インデックス」とは、 カードに対角に書かれている数字や価値を意味し、「ピップ」とはスペード、クラブ、ハート、ダイアモンドのシンボルのことです。

 

カードゲーム、特にポーカーの世界では、いつしか一部のカードに、自殺する王様(ハートのキング)、ブラックレディー(スペードのクイーン)、ビールカード(ダイアの7)といったニックネームが付けられています。カードの組み合わせについてもいくつかニックネームがあります。最もよく知られているのが「デッドマンズ・ハンド(死人の手)」です。これは、1876年にワイルド・ビル・ヒコックというギャンブラーが射殺された時に手に握っていたハンドが「黒のエースと8の2ペア」だったことから、この組み合わせがずっとそう呼ばれるようになりました。

 

様々なカードさばきのテクニックにもそれぞれ呼び方があり、グリップについてはメカニックグリップやビドルグリップ、カードの切り方についてはオーバーハンド、リフル、ヒンズーなどがあります。カードゲームにも特別な単語や用語があり、特定のゲームについてだけ使われるものもあります。

カーディストリーとはカードを使った曲芸的な技のことです。トランプを使ってスキルと優美さを視覚的に表現します。カーディストリーで様々に異なる芸を披露するため様々なトランプセット(デッキ)が生まれてきました。インデックスによってまったく異なる要件があり、形、色、ピップの読みやすさといったものは逆に重要性が低くなっています。他にも、デッキのコレクター向けに作られた奇抜なデザインのものや、作り手と買い手の様々な好みやスタイルに応じた多種多様な商品が販売されています。

知っておくべきトランプの基本用語

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *